ふわくハイキングサークル

ふわくハイキングサークルの紹介
ふわくハイキングサークルは、不惑(40にして惑わず)から名付けた会です。
現在会員は、130数名で県内の各市町村に分散しています。
毎月2回、県外や、房総の山を歩く企画があります、特に、房総の山は、知り尽くしています。

毎年1月に行う、鋸山から清澄寺まで3日間掛けて歩く郡界尾根の縦走の企画や県連のロングハイクは、参加者が増えています。

ふわくハイキングサークルの会員になりませんか
会の創始者であり、千葉県勤労者山岳連盟の立ち上げに深く関わった、う沢喜久雄が、昨年より会長になり、心強く思っています。
う沢会長は、房総の山を紹介した本「歩いてみよう房総の自然」を、いち早く出版し房総の山を案内しています。
また昨年まで90数回“ぐるっと千葉”の月間雑誌で「滝の旅人」を受け持って房総山域の、滝を紹介しました。十代から、全国の山々を歩いて山を知り尽くしている人と言えます。

会の、“あいことば”熟年以上の者が、気軽に入会でき、安く楽しく安全に、ハイキングに行き、山と自然を、そして家族と仲間を、さらに平和を愛し、身も心も健やかにしあう、そんなサークルです。
“あいことば”を認める者で、40歳以上(一応の基準)の人は、会員になれます。

入会案内
現在は、会員の高齢化でハイキング主体の計画が多いですが、登山では、南北アルプスや百名山等を標準時間の1.5倍で歩き、花や景色を堪能する山歩きです。
年齢や地域に関係なく、入会をお待ちしています。

年会費=3,000円 
その他に、勤労者山岳連盟費(労山新特別基金)が必要。

*連絡先 0475-34-4757  中原 紀代治