千葉県勤労者山岳連盟(CWAF)

写真提供:ちば山の会 齋藤健志

ようこそ!千葉県勤労者山岳連盟ホームページへ

労山ちばマーク

千葉県勤労者山岳連盟(千葉労山)は1967年に5会で発足しました。上部団体である、日本勤労者山岳連盟に加盟しています。

千葉県勤労者山岳連盟は、2013年11月末現在、20会768名が所属しています。会員の幅広い登山活動をサポートし、登山技術向上、安全登山の普及に取り組んでいます。同時に県内の広範な登山・ハイキング愛好者の、健康で文化的な要求にこたえる活動に力を入れています。

また、自然豊かな房総の自然保護にも取り組んでいます。房総の山・沢からゴミを一掃するために、地元自治体と協力し、「クリーンハイク」を実施しています。

安全登山講習会

捜索訓練

遭難者搬出訓練

海外トレッキング

筋トレ講習会

テント山行訓練

ロープワーク訓練

NPO法人「ちば労山ゆう」のご紹介

千葉県連盟は、2011年4月より気仙沼市唐桑半島、石巻市において宅地や農地のガレキの撤去や、被災住宅の片づけなどの支援活動に取り組ん来ました。
支援活動での、被災者の皆さんとの交流を深めて来ました。

支援活動に参加した会員の「震災が風化して行くようで悲しい」との声に後押しされて、「出来る時に、出来る人が、出来る事を」の想いを大事にして行くために、2012年4月に、NPO法人「ちば労山ゆう」を立ち上げました。

現在は、石巻市牡鹿半島・谷川浜の漁業の支援に取り組んでいます。
支援活動に参加・協力をいただける方の入会をお願いします。

ホヤの生育調査 養殖用の牡蠣ガラ選別

今年度から、被災地を花一杯にする活動にも取り組んでいます。
千葉県産の、水仙の球根を植えました。

本間家土蔵前の花壇完成 道路脇の花壇

NPO法人「ちば労山ゆう」年会費

  • 正会員 1,000円
  • 賛助会員 500円

詳細はNPO法人「ちば労山ゆう」をご覧下さい。